2010年05月31日

本文(改行可)君は母に似ている。君は母に似ている。瞳の奥の強さや全体を覆っている優しさや。
そんなものが母に似ている。僕は君と話したい。君とはなかなか話せない。君はクスクスと笑う。そんな笑い方が僕は好きだ。意味もなくずっと君を君をずっと見つめていたい。

若干の迷い。

母に似ているから君が好きなのか?それがいやなら僕を切り捨ててくれても仕方ない。僕は君に会いたい。一緒にいたい。その理由など、どうでもいいのだ。僕は君に会いたい。
【日記の最新記事】
posted by akao at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38673550
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック