2010年05月31日

母のにおい。
それは、ニベアクリームのにおい。土曜日に僕を迎えに来てくれて、頬をすり寄せて、キスをしてくれた母のにおい。日曜の夜、僕と別れるときに、悲しそうに僕をみる母のにおい。学園までの日曜日の夜、ラジオで歌謡ベストテンを聴きながら、無言で車を走らせた母のにおい。学園に入ったとたん、幼児の唾液のにおいで現実に引き戻されるまでの、週末だけの母のにおい。

もうそれは失われてしまった。

母の死はいつまでも辛い。

学園の帰り、僕の好きなパンを買ってくれた母のにおい。

僕は生きていかなければならない。

もう一度だけ、母に会いたい。
【日記の最新記事】
posted by akao at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38673446
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック