2010年05月24日

青梅

今日は青梅に行ってきた。青梅の鉄道博物館に向かったのだ。今日はラジオによると5週間ぶりの雨の日曜日である。こうなると、雨のドライブを楽しむしかない。昨日の土曜日、僕は千葉に行ったが、どこに行っても新緑の、というか草のにおいが強くてすてきであった。

しかし、今日は雨である。僕は雨のドライブが嫌いではない。ピアノソロなんかを低い音でかけながら、ゆるりとワインディングロードをかけてゆきたい。そう思った。
僕は行ったことのない場所を思い浮かべた。場所は青梅あたりがよい。奥多摩までは攻めずに青梅あたりまで、と思ったのだ。僕はコーヒーを水筒に入れ、ポメラと何枚かのCDをフレッドペリーのトートバッグにいれ、スイフトのエンジンをかけた。

さて目的地である。青梅まで入力したところで、鉄道文化村という場所がヒットした。悪くない。存在すら知らない。つい保守的というか知っているところばかり行っている。本当は皆目検討のつかない場所に行くのがいいのだけれど、まあ仕方がない。青梅のその場所へぼくは向かった。

結局そこには入らなかった。余りに雨がひどくてSLの姿を見ただけで僕は満足したのだ。しかし、ナビというのはすごい。全く知らないところにまで、平気で入っていけるからだ。安住伸一郎の日曜天国を聞きながらであった。最近ラジオが再び、とてつもなく心地よい。しかし、この番組のアシスタント、中澤アナウンサーの声は確かにいやされる。別のリスナーが「鈴を転がすような・・・」と言っていたがまさにその通りである。甘すぎず堅すぎず、ラジコの普及に伴って、ラジオが再び注目されているのは非常にありがたい。
【日記の最新記事】
posted by akao at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38466867
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック