2008年11月10日

炊飯器

炊飯器がついに始動した。

冷蔵庫が来るまで自粛するつもりでいたのであるが、外食する時間も惜しくて、閉店の近いスーパーで半額になった国産のステーキ肉を買ってきて、ソテーして食べた。付け合わせは昨日買って残っていたサツマイモを細かく刻んで和えてみた。米はとりあえず無洗米である。指をけがしているので洗いたくなかったのだ。

実家で新米のコシヒカリを仕入れる予定なので、とりあえず二キロだけ買う。

そして、朝用に納豆も買う。冷蔵庫がないから3パックのみだ。


40インチの大画面でドラマを見ながら、IKEAの食器でステーキを食べた。ちゃんとナイフとフォークもそろえたのだ。

悪くない。


しかし、これでは全く「結婚できない男」である。こんなことでいいのだろうかという疑問だけは消えることがない。

けれど、そのような含恥を大事にしたいと思うのである。
【日記の最新記事】
posted by akao at 23:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんばんは、赤尾さん。
美味しい御飯には、目がないです。
美味しい御米を食べた時も感動って、農家の方々が一生懸命育てたって、思いが沢山伝わって来るような気がして、お米屋さんに行って贔屓なお米を見付けたら、トコトン応援したくなる気持ちになります。お勧めは”幻の米”と長岡の知合い(内緒)の作ったお米です。
美味しいお米と納豆御飯の組み合わせの朝食は最高の朝食だと思うが、”結婚出来ない男”の阿部ちゃんには似合わないかも・・・。
上杉謙信のイメージとは裏腹に、”結婚出来ない男”のイメージが合う、阿部寛さんには、フレンチトーストなどの洋食の朝食以外は想像出来ません。
Posted by fumi_ti at 2009年02月02日 21:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22701130
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック