2008年11月09日

和泉多摩川

引っ越して一週間が経った。


今度の町には、きちんと商店街がある。あまり大きくない。大手資本のチェーン店もほとんどない。

その代わりに、洋服の直し屋さんや自家仕上げのクリーニング屋さんが軒を連ねている。

八百修という八百屋さんには日替わりで自家製の漬け物を売っていて、これも自炊派の僕には大変嬉しい。

そしてなんとこの地下は音楽スタジオになっていて、一時間500円で借りることができるのである。

歩いてスタジオに行けるというのはとてもありがたいと思った。


葬儀屋もある。

僕は、この葬儀屋さんを発見したとき「ああ、この町で死ねるんだ。」と思い嬉しくなった。この町で生まれ育った人間と他からきた人間が程よく混じり合っているのだ。


多摩川からの風はいつも心地よい。


そんな町である。
【日記の最新記事】
posted by akao at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22621105
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック