2011年11月29日

師走間近

出がけにてコート羽織るか迷いつつ手に持ちゐでて君待ちにけり


夜10時君に誘われ迷ひなく空車を探す明治通りに


終電の時間気にせず飲みゐればその後集まる人らのあはれ


石畳隙間からはや草の出て新居に引つ越し半年のすぎ

posted by akao at 19:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月23日

小雪

原宿2011


「寒いね」とすれ違ふ人語らひて肩寄せ合ひつ青信号待つ


待ち合わせふるさとからのつぶやきに初雪とあり小雪となり


歩道橋上がりて空を見上げれば空澄みゆきて冬告げにけり


・原宿のショップ店員

男には用無し唯の支払ひのため我に微笑む


君泣きし二階の店は取り壊し明治通りの拡張の故


コンドーム・ショップの前で爆笑す少女ら楽し休日となり


人混みを避けつつ路地をすり抜けて外苑西は落ちつきており

posted by akao at 12:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月13日

立冬

目覚めゐし君が毛布を奪ひ合ひ今年もあはれ立冬となり


雨なれば街へゐでゆくこともなく昔の歌集読み返しおり


田舎より持て来し新米 武蔵野の友人宅に届けてやりつ


エレベータ 薄手のセーター着た君に階数を告げ幸せとなり


チューリップ球根のため鉢探し先ずはひとつ植へてみるなり


方口に残りし酒を注ぎつつ昨夜の余韻確かめており


役所にて順番待ちたる我の横 香水がすぎ見上げておりぬ


木枯らしの一号ニュースとなりにけり納戸の毛布を引き出しており


名の知らぬ花咲きおりて墓参する母にコーラを備えておりつ


新製品ビールはどこか誇らしく整列をして秋告げにけり


日曜の歩行者天国長袖のシャツまくり上げ君と歩きつ


カード下電灯の消へ薄暗き昭和のごとき節電なりぬ

posted by akao at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記